1月18日、1年生のSGH学校設定科目「LWI」のポスターセッションを7人の学生が支援してくださいました。来校したのは、立教大学経営学部の2人と日本大学国際関係学部の5人です。学生は各HRのセッションに加わり、英語で質問を投げかけるとともに、効果的な英語の表現方法などをアドバイスしてくれました。

日大国際学生 立教経営学生 立教経営学生

  • 以前と比べ飛躍的に向上していて感動しました。原稿を流暢に読むより、多少文法がおかしくても顔を見て話してくれた方が伝わります。(立教大・瓦林真季)
  • 難しいアウトプットに取り組んでいて素晴らしいです。そのモチベーションを高めていってほしいです。(同・吉原恵吾)
  • 英語で質問を投げかけてくれたところもありました。最初に「Hello everyone, our topic is…」と始まっていたのがよかったです。(日本大・池野里彩)
  • 一所懸命伝えようとする姿が素晴らしいです。私はプレゼンとスピーチで英語を学びました。外国人に質問されたらどう答えようか考えていました。自分の言葉で話すことを意識してほしいですね。(同・戸高晃)
  • どの発表もサブジェクトがおもしろく、分かりやすかったです。(同・Alex Shafer)
  • 英語の文法と発音がよかったです。パワポが使えていることに驚きました。(同・伊庭政宗)
  • 皆おもしろいトピックを選んでいました。(同・金田荘平)